スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
干し柿の季節
時が経って、以前は全く好みでなかったものが大好物になっていて驚くことがあります。
そのひとつが
「干し柿」。

以前は目の前に山盛り出されても手をつけることがないほど
「ど~でもいい…」
食べ物だったんですが、ここ数年
「うみゃい~~~~!!」
と心から思うようになりました。

ダイエットをしていることとも関係しているのかも知れませんが、甘味を感じる場所、というか感覚が以前とは違ってきているような気がします。

干し柿の表面の白い粉、あれが実に上品で上等な、和三盆にも似た味わいをもっていると感じるのです。干し柿を噛んだ時の
「むにっっ…」
とした感触も、さっぱりした和風グミといった趣。

「なんか喰いたい喰いたい喰いたいものっすごく喰いたい………!」
と駄々をこねる奥歯と胃袋に
「…まあ、ひとつコレでも喰っとけ、身体にいいから」
と安心して渡せる歯応えと成分をもっています。

幸い地元は名だたる干し柿の産地です。どれくらい産地かというと、橋の上に柿の色つき塑像がのってるほど、ときどきなんに使うかがわからない干場があると実は柿の為だったりするほど、産地です。

おいしい干し柿を安く手に入れることができるし、その気になれば自分の家の庭でも作ることができます。そういえば昔は庭に何本か柿の木があって、その柿の木の実を干してあったものでした。

今はその柿の木はなく、でもしかし。
基本的に
「喰える実のなる植物」
の好きな私が専務の散歩コースの終点にある神社の境内の植木祭りの時に、つい出来心で買ってきた
「特大粒ブルーベリー」
が植えてあるのですが。

植えたその年に十数粒の実を口にしたのが最後で、その後は庭にやってくる鳥(たぶんヒヨドリ)に全て先を越されて、ただの一粒も収穫はないのでした。

…と、庭の干し柿から少し話しがズレてしまいましたが、干し柿、塩羊羹、栗きんとんLoveな冬の朝です。


スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2009/02/01 03:17] | 日記 | コメント(5) |
<<新刊のお知らせ | ホーム | 花梨の香り>>
コメント
こんばんは~猫♪棟梁  おいしそうな干し柿のお話ですね!
昨年我が家でも作ってみたのですが、関東平野の南だからでしょうか・・・あまりいい色には出来ませんでした。それでも白い粉もふき、食感もまあまあに仕上がり満足していたのですが・・へたのちかくはシブイ!
ガッカリです(涙)やはり冷たい山の風がないと美味しく出来ないのですね~自然の力や先人の知恵に脱帽です。

実のなる木といえば、家にも一本ある杏の木・・・娘の生まれた年に植えて毎年3月~4月にきれいな花を咲かせますが、実はせいぜい10数個ぐらい、それも黄色に色付きはじめると鳥につつかれたり風で落ちたりで口にできません。
蕾はたくさんついているので、今年こそ杏の実を食べるぞ!と意気込んでいます。


[2009/02/04 22:10] URL | ママン #- [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2009/02/13 22:02] | # [ 編集 ]
日本の座敷牢のひとつ山梨でも干し柿は名産。
味の方はソクラテスに堂々と出せる逸品だと思います。
年長の友人の話では、実っている柿が残っているって、昔なら信じられん、とのこと。
いつでもどこでも食べれる子供のお菓子だったのですね。
それに比べて干し柿には大人の風格というか、古老の尊厳とでも言うべき味わいがあります。
高級仏蘭西料理屋にデザートとして出されても臆することはない、というような品格を感じます。
それにしても旧家(木造三階建て)に干されている干し柿の景観たるや見事。芸術写真になっちゃいます。
[2009/02/20 08:41] URL | 契約の栗鼠 #WGGLGstU [ 編集 ]
>ママンさん

お久しぶりです!&レスが遅れてごめんなさいです。

干し柿の出来は地元でもあんまりよくないときいています。暖か過ぎてもダメなんですね。知っているお店では扇風機を使って干していたりします。生乾きの柿に、生クリームをかけて食べるの、凄くおいしいですよね。(そのお店で教わりました)

自家製のものって、愛着がわきますよね、今年こそ杏食べられるといいですね!

>契約の栗鼠さん

初めまして&いらっさいませ!

子供時代に干し柿苦手だった私ですが、今はその素晴らしい味に目覚めました!(笑

木になる実は鳥の為にひとつだけ収穫せずに残しておく習わしだと聞いていますが、放置されて熟し放題になっている木の実を見るようになったのはいつの頃からでしょうか…?

山里の古い日本の家には自家製の野菜や果物の保存風景が本当によく似合いますよね…。

それにしても
「日本の座敷牢」vs「陸の孤島」…
いい勝負かもしんない(笑
[2009/02/20 23:55] URL | The Mark of 猫♪ #81FVpBKw [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[2009/12/25 22:20] | # [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

猫十字社ぶろぐ


漫画家猫十字社のブログです。 主に作品、書籍その他のお知らせなど。

プロフィール

The Mark of 猫♪

Author:The Mark of 猫♪
本来寝ころジストですが漫画描いています。
動物と食べ物の絵が好き。
趣味でゴスロリ絵を少々。

最新記事

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。