スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
新刊のお知らせ
久々の新刊のお知らせです。
「泡と兎と首飾り」
(株)グリーンアロー出版社より3月6日発売です。
定価880円

◆収録作品

宝石の女(モーム・ビジュー)
獅子のいる里
日々の泡
ヴィーナスの腰かけ
水酔放浪記


…新旧とりまぜ絵柄も入り乱れ…な単行本です。

八頭身漫画と動物漫画が同じ単行本内、というのは作者にとってもなんだか不思議な気分です。
よろしかったらどうぞお買い求めくださいませ。



泡と兎と首飾り

スポンサーサイト
[2009/02/22 04:19] | 新刊情報 | コメント(20) |
干し柿の季節
時が経って、以前は全く好みでなかったものが大好物になっていて驚くことがあります。
そのひとつが
「干し柿」。

以前は目の前に山盛り出されても手をつけることがないほど
「ど~でもいい…」
食べ物だったんですが、ここ数年
「うみゃい~~~~!!」
と心から思うようになりました。

ダイエットをしていることとも関係しているのかも知れませんが、甘味を感じる場所、というか感覚が以前とは違ってきているような気がします。

干し柿の表面の白い粉、あれが実に上品で上等な、和三盆にも似た味わいをもっていると感じるのです。干し柿を噛んだ時の
「むにっっ…」
とした感触も、さっぱりした和風グミといった趣。

「なんか喰いたい喰いたい喰いたいものっすごく喰いたい………!」
と駄々をこねる奥歯と胃袋に
「…まあ、ひとつコレでも喰っとけ、身体にいいから」
と安心して渡せる歯応えと成分をもっています。

幸い地元は名だたる干し柿の産地です。どれくらい産地かというと、橋の上に柿の色つき塑像がのってるほど、ときどきなんに使うかがわからない干場があると実は柿の為だったりするほど、産地です。

おいしい干し柿を安く手に入れることができるし、その気になれば自分の家の庭でも作ることができます。そういえば昔は庭に何本か柿の木があって、その柿の木の実を干してあったものでした。

今はその柿の木はなく、でもしかし。
基本的に
「喰える実のなる植物」
の好きな私が専務の散歩コースの終点にある神社の境内の植木祭りの時に、つい出来心で買ってきた
「特大粒ブルーベリー」
が植えてあるのですが。

植えたその年に十数粒の実を口にしたのが最後で、その後は庭にやってくる鳥(たぶんヒヨドリ)に全て先を越されて、ただの一粒も収穫はないのでした。

…と、庭の干し柿から少し話しがズレてしまいましたが、干し柿、塩羊羹、栗きんとんLoveな冬の朝です。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2009/02/01 03:17] | 日記 | コメント(5) |
| ホーム |
猫十字社ぶろぐ


漫画家猫十字社のブログです。 主に作品、書籍その他のお知らせなど。

プロフィール

The Mark of 猫♪

Author:The Mark of 猫♪
本来寝ころジストですが漫画描いています。
動物と食べ物の絵が好き。
趣味でゴスロリ絵を少々。

最新記事

リンク

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。